2019年03月23日

ボディメイクは「休養」が大切

身体を休ませること、そして質の良い睡眠をとることが
より効率的にボディメイクを行う大切な要素の一つです。

しっかりと運動・筋トレを行なうことで、
筋肉組織は壊れていきます。

その壊れた筋肉がより強い筋肉にするためには、
「休養」が必要です。

カラダを休めている間にたんぱく質をもとにして、
筋肉を作っていきます。

そのため、筋トレを毎日行ってしまうと、
筋肉の回復が遅れてしまい、
より強い筋肉を作るためには非効率です。

筋トレのやりすぎで骨にヒビが入ることもあります…。

筋肉を回復させるためには、
しっかりと睡眠をとることが重要です。

皆さんは何時に就寝をしていますか?

お仕事の関係で、深夜1時2時に寝るという方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

筋肉をより回復する時間があります。
それは、「 22時〜深夜2時 」です。

この時間帯は成長ホルモンが多く分泌され、
筋肉の回復を促進してくれます。

成長ホルモンはそれだけではなく、

・疲労感の回復
・やる気の増加
・コラーゲン繊維形成
・骨の強化

など、カラダにとって良いこと尽くしです。
(早寝はお肌にも良いです!)

ぜひ今日から、
22時〜2時の間は寝ているように心がけてみてください。

普段夜遅くに寝ている方は、
24時前までには寝るように意識してみてください。
疲労感も改善されます。

早く寝て、早めに起きて、
しっかり朝ごはんを食べて、
シャキッとした気分で勉強やお仕事を行なうと、
いつも以上にパフォーマンスアップするはずです。
(BMAより)
posted by 8020 at 05:02| Comment(0) | 日記

2019年03月22日

オーラルフレイルとは

「オーラルフレイル」とは、口に関する“ささいな衰え”が軽視されないように、
口の機能低下、食べる機能の障害、さらには、心身の機能低下までつながる
“負の連鎖”に警笛を鳴らした概念です。

「オーラルフレイル」は、口腔機能の軽微な低下や食の偏りなどを含み、
身体の衰え(フレイル)の一つです。
これら概念は東京大学高齢社会総合研究機構の辻哲夫特任教授、飯島勝矢教授ら
による大規模健康調査(縦断追跡コホート研究)等の厚生労働科学研究によって示され、
この研究をきっかけにさまざまな検討が進められています。

この「オーラルフレイル」とは、健康と機能障害との中間にあり、
可逆的であることが大きな特徴の一つです。
つまり早めに気づき適切な対応をすることでより健康に近づきます。

この「オーラルフレイル」の始まりは、滑舌低下、食べこぼし、わずかなむせ、
かめない食品が増える、口の乾燥等ほんの些細な症状であり、見逃しやすく、
気が付きにくい特徴があるため注意が必要です。

日本歯科医師会では、オーラルフレイルについて紹介したリーフレットを作成しました。
https://www.jda.or.jp/pdf/oral_flail_leaflet_web.pdf
posted by 8020 at 06:12| Comment(0) | 日記

2019年03月21日

『ダイエッターのための「お肉」の選び方』

ダイエットをしている人の多くが
「お肉は高カロリー」
「お肉を食べると太る」

と思っているのですが・・・実はこれ勘違いなんです。

もちろん、太ってしまう「お肉」もありますが
きちんとした選び方をすれば
「お肉」はダイエットの強い味方になってくれます。

ぜひ、ご紹介する選び方を使って
美味しい食事をとりながらダイエットをしてくださいね。

●楽しいダイエットのための「お肉」の選び方

いきなり答えからいきますが、
最大のポイントは『原型に近いお肉を選ぶこと』です。

お肉のカロリーは
お肉の選び方でコントロールすることができます。

例えば、スーパーに行くと
牛肉、豚肉、鶏肉、お魚など様々なお肉があります。

そのなかで一番気をつけないといけないのが
「ひき肉」や、すでに加工されているハンバーグなどです。

実は、ひき肉には
脂身の多い部位が使われていることが多く
しかも、美味しくするために
さらに脂身を加えることもあるそうです。

つまり、脂が多い分カロリーも高いので注意が必要です。

他には『鶏肉の皮』もカロリーが高い部分の1つです。

鶏肉の皮、焼けばカリカリで美味しいのですが・・・
その皮を取り除けば、カロリーを約33%もカットできます。
(その分の運動を増やすのは大変なのに。苦笑)

このように、ちょっとしたことで
簡単にカロリーを抑えたお肉を選ぶことができます。

また、調理をする前に
脂の乗った部位をそぎ落とすことも
カロリーダウンに効果的です。

お肉を食べたいけど、
せっかくのダイエットが・・・と思っていた人は
ぜひお買い物をするときに少し意識してみてください。^^

ちなみに
お肉の調理方法で
一番太りにくいのは『焼く』だそうです。

脂を落とせる網焼きがベストですが
フライパンで焼いたときに
流れ出た脂をクッキングシートで拭き取ればOKです。

ボディメイクには、
「たんぱく質」が欠かせません。

そして、高たんぱく質の食材といえば
豆や卵や魚もありますが
やっぱり「お肉」食べたいですよね。

ぜひ、今日ご紹介したことを使って
罪悪感なく、楽しく
美味しい食事をしてください。
(BMAより)
posted by 8020 at 05:39| Comment(0) | 日記

2019年03月20日

テーラーメイド型 電動歯ブラシ「ソニッケアー」

 2019年3月22日より取扱い開始。

 フィリップスが生み出した、音波水流で粘着性の高い歯垢を効率的に除去する
 「ソニッケアー」。
 ブラシはテーラーメイド(患者さんの口腔内状況を見て要望をお聞きした上で、
 専門的な立場で最もふさわしいブラシを選ぶこと)型。

 口腔内状況やニーズによって選べる8種のブラシをご用意しています。
 ハンドルと組み合わせて、患者さんに合ったブラシが提案できます。

▼詳しくはこちら▼
http://f.msgs.jp/r/c.do?Ytd_23i_1LM_ziq
posted by 8020 at 05:20| Comment(0) | 日記

2019年03月19日

医師・歯科医師国家試験合格発表

厚生労働省は2019年3月18日午後2時、医師国家試験と歯科医師国家試験の合格発表
を行った。合格率は、医師が89.0%、歯科医師が63.7%。

 第113回医師国家試験は、2019年2月9日と10日に施行された。
出願者数1万474人、受験者数1万146人、合格者数9,029人、合格率は89.0%で、
前年(2018年)の90.1%と比べ1.1ポイント減少。
このうち、新卒者の合格者数は8,478人、合格率は92.4%で、
前年の93.3%と比べ0.9ポイント減少した。

 第112回歯科医師国家試験は、2019年2月2日と3日に施行された。
出願者数3,723人、受験者数3,232人、合格者数2,059人、合格率は63.7%で、
前年(2018年)の64.5%と比べ0.8ポイント減少。
このうち、新卒者の合格者数は1,587人、合格率は79.4%で、
前年の77.9%と比べ1.5ポイント増加した。

posted by 8020 at 05:24| Comment(0) | 日記